親の義務

子供の成績向上のために親ができることは、知識とお金の提供です。
親が勉強を教えることができれば、両方兼ね揃っているので理想です。
しかし、現実には親の教育に素直に従うと言った子供は少ないかもしれませんし、親もどうしても感情的になってしまうとされています。

そういった状況から、子供に学校以外の勉強の機会を設けることとして、塾か家庭教師などを選ぶことがあります。
どちらが良いという選択以前に、家庭内での協力体制を確認することになります。
どちらもお金がかかることですから、その出せる範囲内が決まっている時には、適合不適合の前に決定してしまうことです。

そして、金銭的な問題はクリアした場合で、家庭教師を選択した時には、家庭での全面的なバックアップが必要になります。
原則的に個室が存在することになりますが、横の部屋が騒がしい、近所の騒音があるといった場合は、家庭教師はできない場合もあります。

家庭教師が来たから親は関係ないと放任になってしまったりすることも困り事です。
また、個人での家庭教師の場合、授業料の交渉の場において、感情的なことを言い出したり、話し合いにならない場合もトラブルの原因になります。

こうした家庭環境の内容がある程度規律正しいものにしなくては、家庭教師を行う事ができないとされています。
必要以上に気を遣うことも家庭教師に無言のプレッシャーをかけることになります。
お金を出しているのでからという高飛車な態度もトラブルになることもあります。



[管理人特選サイト]
中学受験の勉強指導を頼むことができるプロ家庭教師派遣サービスです ・・・ 中学受験

Copyright © 2014 家庭教師と信頼関係 All Rights Reserved.